CHAMFERCUT

切削で行う、ギア面取りの新たなスタンダード

精密 ・ 確実 ・ 経済的 それがChamferCut(チャンファーカット)

転造によるデバリ加工では、しばしば隆起したワーク端面を除去する追加加工が必要になります。しかしChamferCutにその必要はありません。

 

転造とは対照的に、切削による面取りプロセスはワーク材の構造に影響を与えません。つまりホーニングのような焼入れ後の仕上げ加工に、悪影響を及ぼす心配がないということです。LMT FETTEで開発されたこのChamferCutプロセスは、最高の信頼性を持った面取りのニュー・スタンダードとなるでしょう。

 

面取りカッターChamferCutを生産に組み合わせれば、デバリ・面取りコストに大きく貢献します。

 製品の特徴

  • 最高の精度

  • 100%面取り品質

  • 機械制御による面取り補正が可能

  • 効率的な加工

  • シンプルで経済的な再研磨

  • ​対応モジュール範囲 0.8~42